月経前症候群 ピル

月経前症候群と低用量ピル(OC)

ピルというと経口避妊薬としてポピュラーなお薬ですが、成分は女性の卵巣でつくられる
  • 卵胞ホルモン
  • 黄体ホルモン
の2つが主成分となります。

 これらの女性ホルモンの作用を利用して、妊娠を防ぐ目的で販売されてきたのですが、最近では、月経前症候群を代表とする様々な女性のお悩みの対策として利用されています。

 身体への作用として、ピルを服用して体外から女性ホルモンを取り入れると、脳が、すでに必要なホルモンが分泌されているものと勘違いして、卵巣にホルモン分泌の指令を出さなくなります。そうすると、卵巣は“うたた寝”をした状態になり、排卵が起こらなくなり、妊娠しないというわけです。

 月経前症候群の症状が強い人は、ピルを服用すると排卵前後のホルモンの変動がなくなるため月経前症候群の症状が軽減されます。低用量ピルの服用は毎日、決まった時間に飲む必要があります。また、医師の処方が必要な薬です。

 最近は個人輸入等や海外の業者から購入することができますが、個人の責任となり、リスクをきちんと覚悟する必要があります。

 低用量ピルと一言で言っても、様々な配合があり、ホルモンの含有量なども異なっておりますので
まずは必ず専門の医師に相談をして自分にあった低用量ピルを見つけてください