PMS お薬

お薬の注意点


 PMSがどうしてもつらい時に即効性があるのがお薬。

 お薬は基本的に症状に対しての対処療法となります。

 ただし、お薬はカラダに直接作用するものですので、同じお薬を飲み続けると身体がPMSに対してのその効果や作用を覚えてしまい、免疫耐性ができてしまい、いざという時にお薬が作用しないということもあります。また、症状の作用に対してのお薬の副作用も気をつけなければなりません。 

 PMSは、これといったひとつの症状が、発症するわけではなく、複数の症状があらわれることが普通で、原因もいろいろ考えられており、また個人によってもかなり変わってきます。

 月経症候群のための服用は、医者や専門家に相談をして、自分に合ったお薬を見つけて、用量・用法を守って安全に服用してください