月経前症候群を緩和する方法

 月経前症候群 (月経前症候群)とは生理前に始まる精神的、身体的症状で、プロゲステロンの分泌が不安定になり、身体にむくみ、だるさ、腹痛などの症状が出たりと、情緒不安定になったり、イライラしたりする症状です。 他にも甘いものが食べたくなったり、肌荒れ、便秘や体重増加など、ストレスを溜めやすい時期でもあります。

 女性の代表的な悩みですね。月経前症候群どうしたらいい?

 まずはリラックス。ストレスをためない事を第一、まずは身体と心をリラックスさせましょう。簡単な運動やストレッチをする事で、新陳代謝や血液循環が良くなって症状を和らげてくれます。  特に、ダイエット時の月経前症候群症候群の際には、過度な運動や食事制限をしないように、多少自分に甘やかすぐらいの気持ちの余裕を持ちましょう。 無理をしてストレスを溜めてしまうと、ダイエットには逆効果ですよ。

 そして、食事はイソフラボンとビタミンB6を!PMS症状を緩和させる食事として、イソフラボンやビタミンB6を取り入れましょう。具体的にに取り入れたい食品として、
豆乳、納豆、油揚げ、豆腐などの大豆製品 → イソフラボンなどを多く含んでいます。

       魚類(カツオ,ミナミマグロ,鮭,秋刀魚など)
       バナナ、サツマイモ、ピスタチオ、バジリコ→ビタミンB6を多く含んでいます。

 月経前症候群時期にはアルコール、カフェインは神経を緊張させ、不安感を悪化させますので控えましょう!

 次にビタミンEもいいですよ。ビタミンEは、性ホルモンのバランスの改善に働き、また血行をよくする作用があるため、月経前症候群の不快イライラの症状の改善に効果があるとされています。ビタミンEは、大豆やゴマ、アーモンドなどのナッツ類、ニラやホウレン草などの緑黄色野菜、うなぎなどに多く含まれています。

 最後にマグネシウムも重要。ビタミンだけでなくミネラルという栄養素の偏りを是正することが効果的であるといわれています。特にマグネシウムに比べてカルシウムの摂取量が多い場合などに、月経前症候群の症状が悪化しやすいとされているため、マグネシウムとカルシウムのバランスが適正になるような食生活に
配慮することが必要かもしれません。マグネシウムは大豆や納豆などの豆製品、アーモンドや落花生などのナッツ類、ひじきやワカメなどの海藻類に多く含まれています。

 ぜひ、無理な食生活をせずに、普段と同じ健康が大事です。食生活は健康の源ひとつひとつ焦らず、やっていきましょう。

 月経前症候群の症状かどうか見分けるポイントはあるのか?よく受ける質問です。

 月経前症候群は、あまりにも多くの症状があるため、この症状があるから、月経前症候群です ということは一概に言えません。また、イライラや憂鬱などの精神的症状には月経前症候群の症状以外の心の病気が隠れていることもあります。