PMSで避けたい食品

PMSの時に避けたい食品


それでは逆に、PMSの時に、あまり食べない方がよい食べ物は何があるのでしょうか?

無性に甘いモノが食べたくなっても過剰摂取は気分障害に拍車をかける逆効果です。
PMSの代表的な症状のむくみ。これは黄体ホルモンの影響で排泄機能が低下し、
余分な水分が貯留されることに起因しますが、むくみだけではなく、腰痛や頭痛の元になったりもします。

むくみに一番注意が必要なことは

塩分の摂りすぎ

塩分の摂り過ぎは、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみ出し、間質液がたまります。余分な間質液が増える事で、体がむくんでしまいます。インスタント食品等は塩分が多めですので、むくみがひどい時にはあまり食べないようにしましょう。
また、イライラや不安感を感じる時に、よくコーヒーやお酒を飲んだりしますがこれは逆効果です。カフェインやアルコールは、逆に神経の緊張や不安症を悪化させてしまいます。コーヒーや紅茶ではなく、麦茶や杜仲茶などのカフェインが含まれていないドリンクをおすすめします。

 

PMS時に避けたい食品

糖分の多い食べ物
  • お菓子系全般
  • ジュース
  • パン
  • ケーキ

塩分の多い食べ物
  • 漬け物
  • ベーコン
  • その他塩漬け系の食べ物
カフェイン
  • お茶
  • コーヒー
  • 紅茶
  • チョコレート

アルコール
  • お酒全般