PMS 食事

女性のお悩みPMSを知っていますか?

  • 生理前の
  • イライラ・落ち込み
  • ニキビ・肌荒れ
  • 便秘・むくみ
 これって生理だからこのつらい状態を当たり前と思ってあきらめていませんか? 

 生理の2週間前から、生理直前までに起こる不調を英語でPremenstrual Syndrome、PMSといいます。

 なんと生理のある女性の8割がPMS(月経前症候群)の自覚症状を感じていると言われています。

 月経開始とともに消失することがほとんどですが、PMSの症状として、便秘や体のむくみや乳房の張り、肌荒れなどだけではなく、中には過食になったり、情緒が不安定になり家庭や職場でトラブルを起こしたり、実生活のバランスを崩してしまう場合もあります。

 しかし、適切な改善法・治療法を取ることで、PMSの不快感を改善することができます。

女性なら長くつきあわなければならないPMS。あきらめずに取り組んで、快適ライフを送りましょう!

 

ですので
バランスの食生活を心がけましょう!


 PMSの時にはとてもオナカが空いて過食にはしる人がかなりいますよね。

 PMSの気分障害を安定させるのに体内の糖分を過不足なく一定に保つことが必要となります。ドカ食いは血糖値が一気にあがってその後に急下降してしまいます。
イライラや不安感が多い時には、逆に一度の食事量を減らして、その分回数を増やしてみましょう。その際にお菓子などの糖分をあげる間食はダメです。お芋や玄米、蕎麦など精製していない穀物を中心にミネラル・ビタミンを豊富に含んだ食材で満たしてください